×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

原発 水道水TOP >

原発 水道水リンク集◆2

妊婦 水道水

昨日、妊婦の友人が東京から帰ってきました。 まだ、予定日まではかなり日があるのですが、こんな状況なのでご主人とご両親と話し合って決めたそうです。 水道水の放射能の数値が高いというニュース以降、子供のいるお母さんや妊婦の友達は不安で仕方ないと言っていました。 実家が離れている地域にある人は、実家に帰る人が多いそうです。

粉ミルク 軟水

今、自分の家の水道水は大丈夫なのかと疑問を持っている人がたくさんいると思います。 放射能は目に見えない上に、検査をしても結果を知らされるのはすでに飲んでしまった後。 赤ちゃんのいる家庭では、粉ミルクの分だけでもペットボトルの水でと考えていると思います。 ペットボトルの水は、まだまだ不足しがちですが、少しずつ店頭に並んでいる時もあります。 しかし、粉ミルクに使うならどんな水でも良いわけではありません。 日本の水は軟水です。

ミネラルウォーター 売り切れ

ミネラルウォーターの売り切れが相変わらず続いています。 特に2リットルのミネラルウォーターは、水道水から放射能が検出されたというニュース以降見ていません。 西日本でもこんな状況なので、東日本はさらに酷いと思います。 自動販売機のミネラルウォーターは、場所によって売り切れの所とそうでない所があります。

赤ちゃん 水道水 ミルク

千葉の方の水道水でも、実はヨウ素が検出されていたというニュースを見ました。 あまりにも公表が遅く、赤ちゃんのミルクを水道水で作っていた人は、かなりショックを受けているのではないかなと思います。 水道水でなくペットボトルの水でミルクを作ることを、神経質になりすぎと言う人もいるようですが、神経質にもなりますよね。 乳幼児は放射能の影響を大人よりも受けやすいのですから。

ミネラルウォーター 不足

これから、ミネラルウォーターの不足が長期的に続くと思います。 パッケージのフィルムも不足しているそうですが、これは少しずつ解消されていくでしょう。 けれど、水道水の不安はこれからも、ずっと続きます。 台風や梅雨によって、放射能の拡散は広がりますよね。


Copyright © 原発 水道水リンク集2 All rights reserved